<   2011年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ニューヨークで夢がかなう

わたしは、初めて安心し、
道角の屋台で、4ドル出して買った半円形のサンドイッチ、
Farafa(ファラファ)にかぶりつく。

ゴマペーストの白いソースが、ピリッと辛いカレー味のコロッケの具と
抜群の相性で、うわあ、おいしい。
ファラファは中近東の食べ物で、売っていたのは、
アラブ人の太ったおじさんだった。

ティファニーで朝食を、ならぬ、ティファニーで昼食を。
五番街の通りを眺めながら、
ニューヨーカー気取りで、歩きながらファラファをほおばるのであった。

野田香里著「ニューヨークで夢がかなう」
[PR]
by foodscene | 2011-10-24 02:30 | ノンフィクション・アメリカ

風をください 1

かぶらむしだとか、ごま豆腐、とか、ひろうず、などと
一つずつ注文しているうち、
店の温気も加わって、心もほぐれて来て、
そこへ熱いお酒がはこばれてくるから、
なお楽しくなる。

***

私は、ごま豆腐やかぶらむしをぺろりと食べながらいった。
そのうちに、てっさとてっちりがはこばれてくる。

***
ヒレ酒が来た。
熱いお湯呑みにそれははいっているが、
お茶を飲むための茶碗ではないしるしに、フグの絵がちゃんと描かれていて、
この店は器もおく吟味されており、
いかにもハイ・ミス好みというか、中年好みというか。

蓋をとると、ぷーんと香ばしい匂いが鼻をうち、
ほどよく焼けたヒレが、これもほどよい大きさで沈んでいる。
ヒレが金色の熱い酒をコクのある濃い味にしていて、
「ああおいしい……」
と私は思わずいい、
「これ作り笑いやありませんのよ、本心からの叫びです。
あたし、おいしいものを食べたい、という業がありまして…」
「そういう業はみな持ってるほうがよろしいですなあ。
僕もその業のために働いております。…
いや、話が哲学的になりましたな」
「そりゃ、テツですもの、食べてるのが…
ごめんなさい、アホなこというて」
「ハハハ」
と伊豆氏は私のヘタなシャレに、うれしそうに笑い、
「かしこい人ほどアホなことをいうものです。
アホほどかしこそうにいう。ハハハ」

てっさ、というのは、「テツの刺身」の略である。
テツというのは、いうまでもなく、ふぐのこと。
中ると死ぬ、鉄砲みたいなもの、だからテツというのだけど、
この、「てっさ」のなんときれいなこと。食べるのが惜しいみたい。

私、ケーキ、つまりチーズケーキやチョコレートムース、ババロアなんてお菓子も、
それから日本の桜餅、柏餅、ぎゅうひ、こし餡、干菓子、
およそ銘菓とよばれるもの、
またカリン糖、ねじり飴、せんべい、おかき、あられ、
ペロペロキャンデー、なんていう駄菓子にいたるまで
甘いものはなんでも食べるんだけど、
この、酒の肴になりそうなものも、みな好き。

とくにヒレ酒と「てっさ」「てっちり」なんてとり合わせ、
たべものの芸術品としか思えない。
てっさはうすくうすく、透けるほどうすく皿にそっと貼られている。
かたちも、それから先端がちょっぴりうす赤く色づいているところも、
桜の花びらそっくり。

時ならぬ冬に、小料理屋の店内で、
皿の桜がひらくのである。
それをそっとはがしてポン酢で食べるおいしさ、
その上に、香ばしい熱いヒレ酒でしょ、
これをやはり、ひとひら、ひとひら、
(うーむ)
と吟味して堪能して食べるほど、もののありがたみのわかる人でなくちゃ、ならない。

これを、ワタルなんかの年ごろの若者であると、
むざと2、3口でたべてしまい、
(腹のどこへ入ったか、わからへん)
という顔をする。
勿体ない。

といって、若者で、高価な芸術品みたいなたべものの値打ちをよくわきまえて
(うーむ)なんていってるのも、さぞ厭味だろうし、
まあ、たべかたにも年代があるってことだ。
それから場所も相手もある。
新世界の『づぼらや』などへ会社の人間といったときは、
安いてっさやてっちり、白子をふんだんに「むざ」と食べられるのであるが。

田辺聖子著「風をください」
[PR]
by foodscene | 2011-10-17 14:14 | 日本

ザ・シークレット

欲しいものに意識を集中し、欲しくないものは意識しないということが、
引き寄せの法則の基本です。

あなたが抵抗するものが持続します。
カール・ユング

私達が造ったこの世界は私達の思考の産物です。
私達の思考を変えなければ、この世界を変えることはできません。
アルベルト・アインシュタイン

あなたの周りに残されている全ての美しいものを思い、
幸せになって下さい。
アンネ・フランク

人生は楽しむためにあります。
愉快に充実した日々を送ればいいのです。
ジム・ヘンソン

全てが如何に完璧であるかを悟れば、
あなたは頭上を見上げ、空に向かって笑うことでしょう。
仏陀

今の自分は過去の思考の産物である…
私達は自分が思った通りになる。
仏陀

心(マインド・思考と感情)から出るエネルギーこそは生命の本質です。
アリストテレス

人は欲しいものを口にするのを怖がります。
だから、欲しいものが手に入らないのです。
マドンナ

情熱はエネルギーです。
わくわくすることに意識を向けると出てくる、
自分のパワーを感じて下さい。
オプラ・ウィンフリー

自分自身を愛することが生涯続くロマンスの始まりです。
オスカー・ワイルド

私の幸せを誰も止めることは出来ません。
というのは、私はありのままの自分が大好きだからです。
エドナ・ターンブラッド
[PR]
by foodscene | 2011-10-17 13:57 | GOD