もしかして愛だった まぜごはん

小学生の頃、頻繁に作っていたのが「炒り卵ご飯」である。

まず片手鍋で半熟炒り卵を作る。
砂糖と醤油を少し入れ、甘めの味つけにしておく。
卵がコロコロ転がるほど硬く炒ってしまってはおいしくない。
あくまでもドロンとした部分の残る半熟状態でなければいけない。

理想的な炒り卵ができたところで、そこへ賽の目に切ったキュウリ、
紅生姜を適量入れ、さらに白いご飯を混ぜ込む。
冷や飯でもいっこうにかまわない。
割り箸でよくかき混ぜて、お醤油チラリで味を調え、
卵の黄色、キュウリの緑、紅生姜の赤がほどよく混ざったら、お椀に盛る。
これで出来上がりだ。

学校から帰って少しお腹が好いたら、おやつ代わりによく作ったものである。
母から教わったのか自分で思いついたのか、まったく覚えていないけれど、
好物であったことは間違いない。

同じく好きだったのは、ガーリックライスである。
ガーリックライスなどと洒落て呼ぶほどのものではない。
ただ、晩ご飯のおかずにステーキや肉のバター焼きを作ったとき、
肉を焼いたあとフライパンに残った肉汁に、ご飯を混ぜてチョチョッと炒めるだけである。
つまりは肉汁チャーハン。
バターとニンニクと醤油の味がたっぷり染み込んで、そこへ数滴、
レモンを垂らしたりすると、これがまたこよなくおいしい。

阿川佐和子「もしかして愛だった」
[PR]
by foodscene | 2009-12-21 11:47 | ノンフィクション日本


<< 3人で夕食を 35 大団円 >>